MENU

アメックスとダイナーズクラブカードを比較!

クレジットカードに限った話ではありませんが、複数の商品を比較して一枚のカードを選び出すのが一般的です。
しかしアメックスはレギュラーカードでも年会費1万円を超えるカードですから、なかなか比較対象がありません。
そこでここでは日本で最初のクレジットカードとされステータス性の高さも魅力なダイナーズクラブカードと比較していきます。

 

年会費

ダイナーズクラブカードの年会費は2万2000円です。
アメックスのゴールドが年会費2万9000円なので概ね同じ程度となります。
ただしダイナーズは家族カードの会費として一年で5000円必要ですが、アメックスは無料ですので家族カードも作ると考えると二社はほとんど同じ程度の年会費となります。

 

旅行保険

旅行保険ですが条件はほぼ同じです。
分かりやすい基準として海外旅行の傷害保険では、両社とも最大1億円、自動付帯の場合5000万円という形になります。
ただしアメックスのゴールドカードは、飛行機の遅延による食事代やホテル代を保証する「航空便遅延費用補償」を取り入れているので、こちらのほうがメリットは大きいといえるでしょう。

 

ポイントシステム

ポイントは両社とも100円で1ポイントと還元率は同じです。
有効期間はダイナーズが無制限、アメックスが3年、ただし一度でも交換したら無制限となっています。この部分ではアメックスのほうが若干不利ですが、三年あれば一度は交換しますのでそこまで気にする部分ではありません。

 

限度額

クレジットカードで気になる限度額ですが、両社とも明確な基準は設けられていません。
これは無制限というわけではなく、通常の利用などからその都度判断するという方式をとっているためです。
ただしアメックスの場合「事前承認手続き」を行えば、どれだけ高額な利用でも可能になります。
これは事前に連絡を入れて入金しておくことで利用可能になるシステムであり、車や不動産なども店が対応していればこの方法で購入することが可能です。

 

ステータス

ステータスというのはあいまいな基準なので何とも言えませんが、 この二社を比べるとメックスのほうが高いと判断する人が多いです。
やはり独特なセンチュリオンデザインと広告戦略で知名度が高いおかげでしょう。

 

まとめ

この二つのカードを比べてみると、アメックスのほうが利点が大きいですがダイナーズの年会費が5000円以上安いことを考えるとほぼ同じというのが正しいでしょう。
家族カードの年会費も考えると同じになるので、その部分がどちらを選ぶかという判断の別れめになるでしょう。